TitanFX(タイタンFX)
500倍までのハイレバレッジ、20%の証拠金維持率、追証なしのゼロカットルールなど、理想的な取引環境を提供してくれるTAITAN FX。ECN方式のブレード口座ではスプレッドが狭く、スキャルピングを行うトレーダーたちから人気を集めています。
最大レバレッジ 500倍
実質スプレッド(ドル円) 1.03pips
ロスカット水準 20%以下
追証なし ○
法人口座 ○
日本語対応 〇
ボーナス ×
注目すべき高レバレッジと低 証拠金維持率

レバレッジは最大500倍のTAITAN FX。海外FXで100倍を超えるレバレッジはありますが、500倍とはかなり高い部類に入ります。また、レバレッジでの取引の場合、資金以上の損失を被らないようにするロスカットというリスクヘッジのシステムが採用されています。ロスカットのタイミングも、TAITAN FXがほかの業者と異なる特徴です。ロスカットのタイミングは証拠金維持率によって決まります。その率はFX業者によって違いますが、証拠金維持率の高い業者では100%というのもあります。一般的な平均は70%程度です。その点、TAITAN FXでは証拠金維持率が20%です。こんなに低いと、多少含み損が出たとしてもロスカットを気にせず余裕のある取引ができますね。

ゼロカットルールを採用している

レバレッジ取引では、資金以上の損失を防ぐロスカットのシステムが採用されているのですが、相場の急変によっては追い付かないこともあります。ロスカットしていないと自分の資金以上の損失になる可能性もありますが、そういう事態が発生した場合にトレーダーはマイナスとなった分を追加入金するのが通常のやり方です。
しかし、TAITAN FXではゼロカットルールを採用しているため、資金以上の損失を負担しなくても良いです。例を挙げると、証拠金が20万円の時にレバレッジで規模の大きな取引をしていたとします。この時、相場の急変により50万円のマイナスとなった時、普通なら差額の30万円が追証として発生するところ、ゼロカットルールでそれがトレーダー負担にならないのです。差額の30万円分の損失はTAITAN FXが代わりに負担してくれます。このため、ハイレバレッジでの取引だとしても、最悪の場合でも証拠金を全部失うだけで済み、トレーダーが借金を背負うようなことはないのです。

低スプレッドの口座があり

TAITAN FXでは口座が選べ、「Zeroスタンダード口座」というノーマルタイプの口座と、スプレッドの狭い「Zeroブレード口座」という2種類あります。前者はスプレッドに特筆すべきではないですが、手数料がかからないというメリット。後者は片道手数料が3.5ドル必要ですが、スプレッドの狭さは業界でもトップレベル。
そこそこ経験ある方ならブレード口座をおすすめします。初心者のうちはスタンダード口座で取引に慣れるところから始めるのがよいとおもいます。

その他おすすめ海外FX業者